Luxury Restaurant

THE SUSHIを高いホスピタリティで堪能する【銀座 久兵衛 銀座本店@東京】

彼女の誕生日ということで彼女の要望でお寿司を食べることに。

本当に有名で人気の鮨屋は1ヶ月前だとなかなか予約をするのが難しい状況。

そんな中、私たちの世代が学生だった頃に有名鮨屋と言えばココ!という銀座 久兵衛@銀座本店の存在をハッと思い出し電話をしてみることにしました。

ランチで訪問する予定で電話をしたところ、最初は予約が一杯なので「予約なしでランチを食べれる方法」を電話で教えて頂いたのですが、ランチ訪問する5日前に他のお客さんが直前キャンセルをしてないかと期待して電話。見事ちょうど席が空いたとのことで予約をさせて頂きました。

ランチ予約ができなくてもランチを勝ち取る方法

上記に「予約なしでランチを食べれる方法」と書かせて頂きましたが、まずこちらを説明したいと思います。

こちらは予約の電話をした際にお店の人に案内頂いたのですが、ランチで予約が取れるのは11:30スタートのみ。11:30に予約をして食事をスタートしたお客さんが13:00ごろに食事が終わるため、ランチ営業としては2周目の案内が13時過ぎぐらいからできるそうです。

この13時過ぎからの権利を獲得する方法が11時にお店に到着すること』

そこで当日予約のような対応をしてくださり、何時頃にもう1度来てくださいというような案内をしてくれるそうです。お店の説明によると11時に来ればほぼ確実に2周目の案内できる」そうなので、急に行きたくなった場合や予約が取れなかった場合は当日11時に訪問するようにしましょう。

クルマで行くなら駐車場予約サービス「akippa(アキッパ)」を使うべし

私も初めて使ったのですが、クルマを持っている人は必需品にした方が良いのではないかというakippa(アキッパ)」

私の家から銀座・新橋というのが非常にアクセスが悪く、電車で行くと時間を要してしまうこともありクルマで訪問。ただ銀座の駐車場料金は恐ろしく高い。そんなこときに、このakippa(アキッパ)」を使えばリーズナブルな駐車場を見つけることができ、さらに事前に予約することが可能。

今回使用させて頂いた駐車場は終日で通常2,000円だったのですが、akippa(アキッパ)」では1,870円、かつクレジットカードでの支払いが可能でした。これは便利なのでクルマを持っている人で使っていない人は是非使ってみてください。

ランチに訪問するのがオトク

ということで近くの駐車場に止めて、11:30にお店に到着します。

過去にすきやばし 次郎に遅れて行ってしまった際にガチギレされたのが恐怖体験として残っているため、鮨屋に行く際は10分前には到着するようにはしたいですね。予約名を伝えてカウンター席に案内して頂きます。

ドリンクはお茶。ビール等のアルコールももちろんオーダー可能です。

メニューは大きく「にぎり」「鮨懐石(突出・刺身・焼物・椀・にぎり)」に分かれます。

その中でもそれぞれ3種類あり、ランチで食べることができる「にぎり」は「織部(7,500→5,500円)」「唐津(10,000→8,000円)」「久兵衛(15,000→13,000円)」の3種類。矢印で2,000円安くなっているのは、ランチは夜の時間帯に比べて2,000円安く食べられるという意味。

個人的にはお酒をガブガブ飲むことのないランチの方が、しっかり味わえる上に金額も安いということでオススメ致します。

鮨屋らしい明るく気が楽な空間

お店の雰囲気ですが、明るくて鮨屋らしい雰囲気。そして嬉しいのは職人の皆様とスタッフの皆様のホスピタリティの高さ。

勝手な想像で恐縮なのですが、もっと威張っているような雰囲気を想像していたのですが、親切でフレンドリーでホスピタリティが高い。鮨の味以上に美味しく感じさせてくれるのは、職人・スタッフの皆様も人柄だと思います。

「にぎり 久兵衛」コースの紹介

ここからはコースのご紹介。まずは “ワカメと大根のツマ”

こちらはオカワリ自由となっており、口休めに食べて3杯ぐらいオカワリしたような気がします。

握りのスタートは“中トロ”

中トロと共に「にぎり自体」も評価させていただきたい。

シャリは銀座で見かける赤酢などではなく、われわれ日本人が一般的にイメージするシャリになります。程よい酢の香りで特別強くもない、まさにスタンダード。

シャリの大きさは比較的小さめ。シャリだけでなく、ネタも含めて大きなイメージはないのですが、この1つ目の握りで「シャリの大きさ」の好みを職人さんが伺ってくれました。「にぎりで16貫」ある “久兵衛コース” ということもあり、シャリはこのままの大きさでオーダーして次のにぎりに進みます。

2品目は “カンパチ”

間に “もずく”

3品目に “スミイカ”

4品目に “バフンウニ”

ウニが苦手な彼女も変な臭みがなく美味しいとのこと。さすがは一流のお鮨屋さんです。

5品目は “牡丹海老”

これはプリップリで大変美味しゅうございました。

6品目 “赤身の醤油漬け”

7品目 “平貝”

8品目 “コハダ”

いい意味でのヒカリモノ感は残しつつも悪いところは1つもない。

コハダが苦手と伝えた彼女は “ホタテ”を提供して頂いておりました。

9品目 “車海老”

こちらは「ボイル」か「生」かを選ぶことができます。

10品目 “さわらの昆布締め”

11品目 “煮ハマグリ”

12品目 “トロ”

間で “お椀”をいただきます。こちらはシジミ汁でした。

13品目 “カツオ”

14品目 “炙りトロ”

15品目 ”アナゴ”

こちらは違う味付けを1度に楽しむことができます。オススメはタレの方でしょうか。味が薄いものから食べることがオススメ。見た目も艶やかですね。

ここで口直しに“大根と梅ペーストと大葉”

そして “巻き物”

最後に16品目は “玉”

玉はにぎりにするか、そのまま玉のみを頂くかを選択。にぎりと言っても回転寿司で食べるようなガッツリな寿司ではなく、写真のようなものになります。

ボリュームは大満足。朝ゴハンは食べずに参戦したい

いやー、ボリューム的には大満足ですね。

朝ゴハンを抜いて訪問したにも関わらず、彼女は巻き物を残しておりました。

私も朝ゴハンを抜いたにも関わらずギリギリなボリュームでした。朝ゴハンは食べずに臨むことをオススメします。

まとめ

鮨としてはTHE SUSHIという表現が正しいかもしれません。

王道を行くシャリ、にぎり。都内のいろいろなお店を食べていると「赤酢」を使っていたり、握りでも工夫を凝らしたものが多いような気がしています。一方で【銀座 久兵衛@銀座本店】はスタンダード、いい意味でも悪い意味でも王道な感じがします。

少し驚きという部分では足りない部分はあるかもしれませんが、まずは高級寿司を楽しむという意味では行ってみるべきお店だと感じました。また知名度の割に金額が良心的。そして職人さんが多いため席数も多いため予約も比較的しやすいのではないでしょうか。

東京に遊びにきた友達や、高級寿司を食べ回ってない人を案内するには最高のお店。

ホスピタリティも高く、フレンドリーなお店で気楽に美味しいお寿司が食べられます。行ったことがない人は是非訪問してみてはいかがでしょうか。

 

銀座 久兵衛 銀座本店

関連ランキング:寿司 | 新橋駅銀座駅内幸町駅

関連記事

  1. ガチムチ系男子は100%好きなラーメン @東京・赤坂
  2. ランチだとそのポテンシャルが…@赤坂・東京
  3. 女性にブッ刺さるラーメンがこれだ【八雲@池尻大橋・東京】
  4. 渋谷だけど大人の会合で使えるお店【食幹@渋谷・東京】
  5. 赤坂の絶品ランチ!とにかく1度食べてみるべき!@赤坂・東京
  6. 【ランチブッフェ特集】パークハイアット東京『ニューヨーク・グリル…
  7. ワインをバカバカ飲みながら食事を楽しむバル【キッチン セロ (k…
  8. 料理も雰囲気もホスピタリティも最上級【レ セゾン@有楽町・東京】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RECOMMEND ★★★★★

RECOMMEND ★★★★

FEATURE

TRIP

PAGE TOP